子供の性格

『子供の性格』ページ一覧


思いやり~命の大切さを教える~


命の大切さや尊さに対する感性 こらっ、トンボが可愛そうじゃないの、やめなさい! 虫だからいいの!   特に男の子に多いですが、蝶々やカエル、トンボなどを平気で殺してしまったりする子が時々います。そんな子を見ると ...

必要以上の甘やかしは禁物


赤ちゃん返りをしたからといって今までいけないといっていたことを許したり、必要以上に甘やかす必要はありません。 必要なのは愛情を注いで上げることです。 愛情を与えることと甘やかすことは違うので間違えないようにしましょう。 ...

兄弟は平等に?


上の子が赤ちゃん返りをしたら上の子を優先してかわいがる必要があります。 しかし、赤ちゃん返りしているからといって上の子ばかり優先しては下の子がかわいそうだと思う方もいるでしょう。 赤ちゃん返りした子が求めているのは平等に ...

赤ちゃん返りのときの対応


今までいろいろなことに挑戦していって、順調にお兄ちゃん、お姉ちゃんになっていっていた子も下の子が誕生したとたんに赤ちゃんのような行動をしたり、下の子に乱暴したりします。 この行動を赤ちゃん返りといいます。 赤ちゃん返りを ...

赤ちゃん返り


兄弟のいる家で必ずおこるのは上の子の赤ちゃん返りです。 上の子が妊娠、誕生すると上の子はお父さん、お母さんが下の子に取られたように感じます。 すると上の子は両親の愛情を確認するために今までできていたことでも両親にやっても ...

僕はやってないよ


子供がつくうそはいろいろありますが、中でも親が心配するうそは自分がやったのにやっていないといううそのようです。 このようなうそは起こられたくない気持ちからくるものですね。 しつけが厳しすぎる家庭の子はこのようなうそをつく ...

うそ話


うそをつくのはいけないことです。 しかし、子供のつくうそには悪気がないことがほとんどです。 幼児期は願望と現実が混合してしまい、だますつもりはなくてもうそになってしまうことがあります。 これは想像力をつけたり、自分の気持 ...

うそつき


子供のうそに親は敏感になり、うそをつくと厳しく叱ることが多いでしょう。 しかし、それは子供の空想の中の「お話」ではないでしょうか。 幼児期の子供は時々空想の中の話や願望を話すことがあります。 そういったうそだったら叱る必 ...

落ち着きがないのは悪いこと?


落ち着きがないのということは裏を返せば好奇心が旺盛で頭の回転が速いともいえます。 子供の困った行動はマイナスに見てしまいがちですが目線を変えていいほうに見ていくと気持ちが楽になります。 「落ち着きなさい」と一方的に叱るよ ...

落ち着きがない子には


子供は落ち着きがないのが当たり前です。 その落ち着きのなさからいろいろなことに興味を持ち、発達していくための大切な力となりますので、親の都合で無理におとなしくさせようとするのは考えものです。 幼児期には人とかかわったり外 ...

子供の話をちゃんと聞いて


普段からじっくりと話を聞いてもらえない子供は情緒不安定になり、落ち着かなくなる場合もあります。 子供の話を聞くときは、できることなら何かをしていても手を止めて、目を見てしっかりと聞いてあげましょう。 どうしても手が離せな ...

落ち着きがない


「落ち着き」というものはしかればすぐに身に付くというものではありません。 特に2~3歳の子供の集中力は5~10分といわれていて次から次へと興味が移り、ちっともじっとしていないのが当たり前です。 家庭の中ではあまり口やかま ...