標本作りにチャレンジ

標本作りにチャレンジ

1分

標本作りにチャレンジ

一度飼った昆虫は最後まできちんと飼いたいです。

野に放すのは絶対にNG。

飼育中に死んでしまった昆虫は、標本にするのはどうでしょう?

 

カブトムシやクワガタは標本作りが簡単とされています。

飼っていた記念にもなるので、子供にチャレンジさせてみましょう。

 

用意するものは裁縫のまち針、標本専用の昆虫針、

そして発泡スチロールの板です。

昆虫針はネット通販で購入可能です。

 

まずは死んだ虫を板に乗せ、まち針で足を整形します。

十分に乾かして、右の羽根の根元に昆虫針を刺せば完成。

 

カブトムシやクワガタ以外にも、コガネムシやカミキリムシなども

同じ方法で標本にできるそうです。

 

子供が作った標本も、十分貴重な記録になるそうです。

ラベルを付けておくと、記録性も出てきます。

地球温暖化で南方系の昆虫が北上しているので、

標本に採集日と採集地を書いてラベル付けすると

証拠づけになるかもしれないといわれています。

 

★昆虫の標本作りを調べることができるサイト

大阪市立自然史博物館ホームページ

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2005naniwa/virtual/hyouhon/

 

標本作りにチャレンジ


『子育てでイライラする人、しない人』その最大の違いとは・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


子供 遊び』の関連記事