深刻化するネグレクト

深刻化するネグレクト

1分

深刻化するネグレクト

日本における子育て支援策は

「親は子育てに積極的である」

といった前提において、長い間すすめられてきました。

 

しかし近年、子供の命にかかわる問題が次々とおこり、

社会問題になっています。

 

昨年、健康保険証を持たない「無保険」状態にある子供が

3万人を超していることが明らかになりました。

教育現場からは「唯一の栄養源が給食という子がいる」との

声も上がっているそうです。

 

悲しいことに児童虐待は年々増えていることは事実。

2008年に児童相談書が対処したのは4万2662件(速報値)とされ、

言葉の暴力や無視、ネグレクト(育児放棄)など

心理的虐待の増加が目立っています。

 

この背景には、社会的孤立や経済的理由により

”子育てをしたいのに育てられない”

親がいます。

 

生活保護を受ける母子世帯の4割が、親も被保護世帯で育ったという

調査結果もあり、孤立や貧困が引き継がれている現実も

大きな社会問題といえるでしょう。

 

いわゆる”負の連鎖”を断ち切るためにも、

ネグレクトをさらに深刻化させないためにも、

子育て世代の親への支援や教育が必要であるとの声が

日本でもあがっています。

 

しかしながらその声も、一部の教師や福祉関係者の努力にとどまっているのが

現状なのです。

 

社会問題


『本当は子供を怒りたくない、でもどうしても怒ってしまう、という時に必要なことは・・・』
子育てで感情をコントロールするために必要な3つのヒントを期間限定で公開中。


社会問題』の関連記事