虐待と児童養護施設

虐待と児童養護施設

1分

虐待と児童養護施設

親と離れて児童養護施設などで暮らす子供たち。

 

児童養護施設とは、児童福祉法に基づき親の死亡や経済的理由など、

親と暮らすことができない子供たちが生活する場所で、

全国に565か所あります。

 

保育士や児童指導員などがケアにあたっていて、

退所した子供たちの自立援助や相談も担っています。

入所児童の平均年齢は10.6歳、平均入所期間は4年7か月

という調査結果が出ています。

 

管轄下にある厚生労働省では、児童養護施設入所児童等調査を

5年ごとに行っていますが、虐待が社会問題になっている2009年、

初めて虐待経験調査を行いました。

 

今回の調査において、約50%の同所入所児童が

保護者らに虐待を受けた経験があることが分かりました。

 

2008年2月1日現在、里親委託や入所している児童は

全国で4万1602人。

5年前、2003年の前回調査よりも3284人増えており、

調査開始以来初めて4万人を超えました。

 

このうち暴力や育児放棄(ネグレスト)といった虐待を受けた

経験のある子供は約2万1000人いたそうです。

 

社会問題


『本当は子供を怒りたくない、でもどうしても怒ってしまう、という時に必要なことは・・・』
子育てで感情をコントロールするために必要な3つのヒントを期間限定で公開中。


社会問題』の関連記事