スキンシップ遊び(お風呂編)

スキンシップ遊び(お風呂編)

1分

スキンシップ遊び(お風呂編)

お風呂は1日の疲れを癒してくれる場所。

そしてスキンシップをはかる、絶好の場所です。

 

ふんすい・水でっぽう

 

両手をっくんで、半分くらい湯面より出して、

手のひらにギュッと力を入れると、水でっぽうのように

お湯が飛び出します。

 

湯船につかりながら、手を軽く握り、

強く素早く握ると、ふんすいのできあがり。

 

意外と子供にとっては難しい遊びなんです。

教えながら、かけあいっこをしながら、

パパママも楽しんじゃいましょう。

 

あついか、ぬるいか

 

両手の小指、薬指、中指を組み合わせ”お風呂の洗い場”

左手の親指、人差し指と右手の人差し指3本で”風呂おけ”を作ります。

右手の親指は”うちわ”で、火をおこす役割。

 

相手の人差し指がお風呂に入ったら、3本の指で挟み

「あついか、ぬるいか」と聞きます。

 

「ぬるい」といったら「はい、燃やしましょう」と、

親指のうちわであおぎます。

 

「あついか、ぬるいか」を繰り返し、だんだん挟む力を強くして

「あつい!」といわせる遊びです。

 

image


『感情をコントロールする方法』ダウンロード
子育てで感情をコントロールする3つのヒントを期間限定で公開中・・・


コミュニケーション』の関連記事