早期教育よりも遊びが大事

早期教育よりも遊びが大事

1分

早期教育よりも遊びが大事

今の学校教育は昔と違い、かなりハイスピードでハイレベルになっています。

考えることよりも問題を解くことが優先され、

「考える学習」に欠けていると見受けられます。

 

公式をたくさん覚え、パターン化させると難しい問題も、

当然解けるようになります。

そうすると成績も上がりますよね。

すると子供は”自分は頭がいい!”って勘違いをしてしまいます。

 

しかし頭の良さと成績の良さは別もの。

考える力があってこそ、頭の良い賢い子といえるのです。

 

脳みその基礎ができるのは5歳まで。

その基礎に対して何を与えるかによって、個性が出てきます。

 

幼児期に基礎ができていき、基礎ができあがった脳に、

学校の勉強だけしか与えないのはいかがなものでしょうか。

 

遊ばなければならない時期に、遊ぶこともせず、

一日の大半を学校の宿題をしたり、テスト勉強に打ち込んでしまっては

脳は発達しないのです。

 

子育てネット


『子育てで老け込む人』の共通点
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


学習・教育』の関連記事