子供(幼児)の夜泣き

子供(幼児)の夜泣き

1分

子供(幼児)の夜泣き

幼児・子供の夜泣きの原因は何?

体も随分と大きくなり、幼稚園や保育園、小学校に通っている子供が再び夜泣きをすることがあります。
この原因として、幼児・子供は赤ちゃんと比べて外からの刺激がたくさんありますから、
日中に子供が体験した嫌だったこと、怖かったことなどが夢の中で再現されていたり、
誇張されて出てきて夜泣きをすることが考えられます。

 

子どもの成長との関係

また、おねしょをした感覚や不快感でびっくりして目が覚め、泣いてしまうこともあります。

幼児期に入ると脳の発達により、睡眠サイクル(ノンレム睡眠、レム睡眠)の切り替えがうまくできるようになってきて、
夜間に長時間眠ることができるようになります。

赤ちゃんの夜泣きがそうであったように、この時期の夜泣きも成長をしている証拠であり、
いずれは直っていくのが普通です。

 

またどうしても気になるようでしたら、楽しい育児実践会などの専門的なアドバイスを行っているところで、
生まれつきの生活リズムを診断してもらうといいかもしれません。
「生まれつき夜泣きをしやすい子」「生まれつき夜泣きをしない子」というのが個性によってあるそうです。

その他の原因・専門医への相談

しかし突然金切り声を上げたり、心拍数が上がる、呼吸が速くなり汗もかいているといった場合、
「夜驚症」(睡眠時夜愕症)である可能性があります。

 

思春期にはおさまると考えられますが、医師や専門医に相談して、
早めの対応、対処法を取っていくことが、子供の心と体にとっても望ましいでしょう。


『感情をコントロールする方法』ダウンロード
子育てで感情をコントロールする3つのヒントを期間限定で公開中・・・


子供 しつけ』の関連記事