夜泣き対策~赤ちゃんを泣きやませる~

夜泣き対策~赤ちゃんを泣きやませる~

1分

夜泣き対策~赤ちゃんを泣きやませる~

赤ちゃんの夜泣き対策<思い切って起こしてしまうのも一つの方法>
夜泣きをしている赤ちゃんは、実は寝ぼけているだけこともあります。
部屋を明るくする、テレビをつける、お気に入りのビデオやDVDを見せるなど、
目を覚まさせると落ち着くものです。
また、何をしても泣き止まなかった赤ちゃんが、
ドライブをした途端泣き止み、眠ってしまったという話も聞きます。
この方法は普段車に乗り慣れていない赤ちゃんの場合、
逆に興奮してしまったり、不安になってしまうことになりますので、避けた方がよいでしょう。
ドライブをする時は、パパやママがしっかりと目を覚ましてから。
そしてチャイルドシートの装着を忘れずに。
あらかじめドライブルートを下調べしたり、防寒具を準備しておくと手間を取りません。
大人でも眠いのになかなか寝付けない時は辛いですよね。
そんな時、電気をつけて本を読んでいるうちに、いつの間にかウトウトしてしまった経験があると思います。
赤ちゃんも同じなのです。
赤ちゃんの体の構造は未熟。
「泣けば疲れてまた寝るだろう」と夜泣きを安易に考えないように。
ひきつけなどの病気を引き起こす可能性もあるのです。
何より赤ちゃんの心に良くありません。
まず泣き止むことが先決。いろいろな方法を試してみましょう。


全国のトップ3%の子育てママのが密かに活用している『感情をコントロールする方法』
感情をコントロールできるようになることで、子育てが楽しくなる3つの理由。


赤ちゃん』の関連記事