室内の危険箇所~子供の目線に合わせて~

室内の危険箇所~子供の目線に合わせて~

1分

室内の危険箇所~子供の目線に合わせて~

今、自分のいる部屋を見渡して、危険だな、と思われる箇所を見つけてみてください。
どこが危険でしょうか?そしてどの高さから見ましたか?

 

おそらく自分の目の高さから室内を見られたのではないかと思います。
しかし大人の目線から見る室内と、子供の目線から見る室内は違っています。

当然のことながら背の高さが全く違うこともありますし、
子供のほうが視野が狭い、という理由もあります。

 

特に赤ちゃんはハイハイをし始めると動くことが楽しくなり、
小さな冒険家に変身します。

 

ハイハイをする赤ちゃんの目線に合わせて部屋を見渡してみると、
思いもよらない場所に危険な箇所が隠れていることが分かります。

 

幼児や赤ちゃんが1人で行動する室内の場所は、
子供部屋やリビングといった狭い範囲に限られています。

この生活範囲における危険箇所を確認し、あらかじめ対策をとっておくことによって、
事故を未然に防ぐことができるのです。


『子育てがスーッと楽になる!3つのヒント』で感情をコントロールできるママに!
感情コントロールの苦手なママの3つの共通点とは・・・


子供の安全』の関連記事