誤飲事故~予防と知識が重要~

誤飲事故~予防と知識が重要~

1分

誤飲事故~予防と知識が重要~

飲み込んだものによっては吐かせても大丈夫な物や、
気管を通ってしまい、そのままにしておいても大丈夫な物もあります。
中には吐かせてしまってはいけない物もありますし、緊急を要するものもあります。
飲み込む可能性のある物に関しては、まずどうやって対応したらよいのか、
調べておき知識を得ておくことが大切です。
しかし何よりも大切なのは、事故が起こる前に予防をしておくことなのです。
子供が口に入れてしまいそうなものは、常に手の届かない所に置くか、
しっかりと入れ物にしまっておく。
また、漂白剤など飲んでは危険な物を、食品の容器に入れてはいけません。
大人にとってはちょっと面倒になるのですが、
誤飲事故を起こしてしまった方が、もっともっと一大事なのです。
また、最近では子供が開けにくいような容器もありますし、誤飲チェッカーもありますので、
そのような物を利用するのもよいでしょう。
子供の口に入る大きさの目安は、500円玉の大きさまでと言われています。
手軽に調べられるので、気になるものは確認をしておきましょう。


『怒りっぽいママ』がかかりやすい病気は脳梗塞
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


子供の安全』の関連記事