おねしょ対策

おねしょ対策

1分

おねしょ対策

こどもがおねしょをするとつい叱ってしまいますが、
せっかくならお母さんも子どもも
笑顔でおねしょ時代を乗り越えたいですよね。
そこで、笑顔でおねしょにさよならするために、
おかあさんに知っておいて欲しいポイントを
いくつか紹介します。
まず、おねしょをしても怒らないでください!
おねしょは決して悪いことではありません。
こどもにはどうしようもないことなのです。
怒るのではなく、むしろ笑顔で子どもを励ましてあげましょう。
次に、おねしょをしてもあせらないこと!
おねしょはこどもの注意不足が原因なのではなく
生理的な発達によって解決するものです。
5歳くらいになると自然としなくなるので安心してください。
それまでは他の子と比べたりせず、
のんびりおねしょを卒業するのを待ちましょう。
おねしょされるのが嫌だからといって
こどもを起こすのは絶対にいけません。
寝ぼけた状態で起こされてトイレに行っても
何の訓練にもなりませんし、
こどものストレスが溜まってしまう一方です。
朝までぐっすり寝かせてあげてください。


『感情をコントロールする方法』ダウンロード
子育てで感情をコントロールする3つのヒントを期間限定で公開中・・・


子供 しつけ』の関連記事