なぜおねしょするの?

なぜおねしょするの?

40秒

なぜおねしょするの?

昼間は大丈夫なのに
なぜ夜になるとおねしょをしてしまうのでしょう。
実はこれは子どものせいでもないし、
お母さんの頑張り不足のせいでもないのです。
おねしょとは
睡眠中に作られるおしっこの量と
それを溜めておく膀胱の大きさのバランスが取れておらず、
夜尿があふれてしまう現象です。
おねしょを卒業するためには
夜間のおしっこの量を決める抗利尿ホルモンの量を増やし、
膀胱を発達させる必要があるのです。
ですから、もし子どもがおねしょをしても
がっかりしたり叱ったりしないでください。
昼間と夜間のおしっこは別物なのです。
あせらないで、子どもの生理的な発達をゆっくり待ちましょう。
5歳くらいになると、ほとんどの子どもは
自然とおねしょをしなくなります。


全国のトップ3%の子育てママのが密かに活用している『感情をコントロールする方法』
感情をコントロールできるようになることで、子育てが楽しくなる3つの理由。


子供 しつけ』の関連記事