お食い初め

お食い初め

40秒

お食い初め

お食い初めは生後百日か百二十日ごろに行います。
赤ちゃんが「一生食べ物に困らないように」という願いをこめて行う儀式です。
「箸初め」ともいい、なんと平安時代から行われている儀式だそうです。
正式なお祝いの膳は男の子のものは外側が朱塗りのものです。女の子の場合は腰高で外側が黒塗りのものとされています。本格的な食器を使うなら漆塗りのものですが、最近はプラスチックのものも多いようです。お宮参りのときにお膳がついてくる神社もあります。新しい乳幼児用の食器セットでもかまいません。
お赤飯、お吸い物、焼き魚と煮物、香の物の一汁三菜が正式なお料理です。お祝いに集まった大人の中から最年長の人が赤ちゃんを抱っこして食べ物を口に持っていって食べさせるまねをします。


『本当は子供を怒りたくない、でもどうしても怒ってしまう、という時に必要なことは・・・』
子育てで感情をコントロールするために必要な3つのヒントを期間限定で公開中。


赤ちゃん』の関連記事