お宮参り

お宮参り

1分

お宮参り

赤ちゃんをその生まれた土地の守り神の氏子として認めてもらう儀式です。
赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな健康を願います。
男の子が生後30日目、女の子が生後33日目とされていますが、地方によっても異なります。
最近は日取りやお参りの服装にあまりこだわらないようです。
冬生まれの赤ちゃんは寒い中行かなくても春を待ってから行くほうが赤ちゃんにも負担がかかりません。
祝い着は男の子は黒羽二重のいつ五つ紋付きののしめ模様、女の子は縮緬地の絵羽友禅が正式の服装です。レンタルのものも多くでていますし、紋付でなくてもいいかもしれません。
お母さんとおばあちゃんは黒の留袖にするのが正式なスタイルです。
色留袖や訪問着でもいいいでしょう。
洋服でももちろん構いません。お父さんはスーツで、お母さんたちも洋服のほうが実際楽です。
赤ちゃんも白のレースを使ったロングドレスが主流です。
神社でお祓いをうける場合、御玉串料は3000~5000円が一般的です。
料金が設定されている神社も多いです。


『子育てがスーッと楽になる!3つのヒント』
今日から子育てのイライラが半分になる方法を公開中。


赤ちゃん』の関連記事