誤飲事故~事故が発生しやすい年齢~

誤飲事故~事故が発生しやすい年齢~

40秒

誤飲事故~事故が発生しやすい年齢~

子供の発達具合の目安として、物をつかむことができるか、ということが用いられます。
生後5~6ヶ月くらいになると、手でつかんだものを何でも口に持っていくようになります。
これは、口に入れることによって、その物の感触を確かめているのだと言えるでしょう。
しかし口にするもの全てが食べられる物とは限りません。
中には窒息の原因になったり、中毒を引き起こす原因になったりする物もあります。
食べられる物、食べられない物を判断できるようになるのは、早くても1歳半以降であるため、
この時期から誤飲事故の発生が急激に増加します。
しかも1歳前になると、親の目に留まることのない、
本当に小さな物をつまむことができるようになります。
ですから、誤飲事故が発生する年齢は0~1歳児に最も多くみられるのです。


全国のトップ3%の子育てママのが密かに活用している『感情をコントロールする方法』
感情をコントロールできるようになることで、子育てが楽しくなる3つの理由。


子供の安全』の関連記事