お七夜

お七夜

1分

お七夜

昔は無事出産してもその後無事に育つのが困難でした。
ですから3日目、5日目と奇数の夜にお祝いをしていたのです。
特に7日目は一区切りと考えられ、無事に迎えられたお祝いで親戚などを呼んで盛大にお祝いをしたのです。
その名残で現在は赤ちゃんがこの世に生を受けて一週間後の7日目に初めてのお祝い「お七夜」をします。赤ちゃんの名前を披露して家族の一員として認めてもらう大切な儀式です。
7日目というと母子ともに退院する日と重なることが多いので退院祝いを兼ねて赤ちゃんの両親とその双方の両親とがお祝いのごちそうを囲みます。
命名書はいろいろなタイプのものが市販されているのでそれを利用してもいいですし、半紙でもいいです。真ん中に赤ちゃんの名前を書いてその左側に生年月日を書きます。あれば神棚や床の間に飾りますが、部屋の一番目立つ高いところに貼ってもかまいません。お宮参りの頃に外してへその緒と一緒に保管しておきます。


『子育てがスーッと楽になる!3つのヒント』で感情をコントロールできるママに!
感情コントロールの苦手なママの3つの共通点とは・・・


赤ちゃん』の関連記事