テレビよりも体験を

テレビよりも体験を

40秒

テレビよりも体験を

テレビはいろいろなものがやるし、とても面白いものですが、こちらの反応に受け答えしてくれない一方的なものです。
長時間または一人で見せるなどすると子供の発達に悪影響を及ぼす可能性もあります。
幼児期は転んだら痛かった、ボールをぶつけて泣かせてしまった、こうしたら喜んでくれたなどいろいろな体験からたくさんのことを吸収していく大切な時期です。
この時期は家でテレビを見るよりも、外に出たり、人との関わり合いの時間を多くとるようにしましょう。
また、テレビを見せるときも、会話しながら楽しんだり、一緒に歌ったりしてコミュニケーションの一つに取り入れるといいでしょう。


『子育てのイライラ』を消し去る方法・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てのイライラで自滅しない方法。


子育て 環境』の関連記事