どうやって語りかける?

どうやって語りかける?

40秒

どうやって語りかける?

「語りかけをしましょう」というとなにを話せば?と考えてしまいますが、難しく考える必要はありません。
おっぱいを飲むときに「おなかすいたね、おっぱい飲もうね。」
オムツを替えるときに「オムツ汚れて気持ち悪いね、きれいにしようね。」
寝かしつけるときに「眠くなっちゃったから寝ようね」
これらのことは特に意識しなくても言っている人が多いと思いますがすべて立派な「語りかけ」です。
まだ話せない赤ちゃんへの語りかけはワンパターンになってしまいがちですが気にすることはありません。
むしろ赤ちゃんは、同じことを繰り返し言われることに安心感をえられるようです。
また、繰り返し言われることでこれはこういう気持ちなんだなということを覚えていきます。


『本当は子供を怒りたくない、でもどうしても怒ってしまう、という時に必要なことは・・・』
子育てで感情をコントロールするために必要な3つのヒントを期間限定で公開中。


赤ちゃん』の関連記事