上手なほめ方

上手なほめ方

40秒

上手なほめ方

叱るよりほめるほうが難しいといいますが、どうやってほめたらいいのかわからないという人は多いようです。
あまり難しく考えすぎないで何かをがんばったら認めてほめてあげる、お手伝いをしてくれたら「ありがとう。助かったよ」と喜ぶといったように素直な気持ちを伝えてあげればいいのです。
「ほめる」というより認めて、支持するという言葉のほうがぴったり来るように思います。
いくらほめる子育てがいいとは行っても悪いことをしたときまで無理にほめる必要はありません。
やらせたいことは認めてほめる、やめさせたいことは叱るというような考えで使い分けをしていくといいでしょう。


『感情をコントロールする方法』ダウンロード
子育てで感情をコントロールする3つのヒントを期間限定で公開中・・・


子供 しつけ』の関連記事