交通事故を防ぐために

交通事故を防ぐために

1分

交通事故を防ぐために

毎日どこかで子どもの交通事故が起きています。
事故を予防するために、
子どもの視野の狭さとそれに伴う危険について
紹介したいと思います。
子どもと大人では
30度の視野の違いがあると言われています。
また子どもは大人に比べて注意力がありません。
大人の目線で考えていては
子どもの交通事故を予防するのは困難です。
特に背の低い子どもは
横方向に加え、縦方向の視野も狭いことになります。
子どもは大人が見ているほど周りを見ていないのです。
夜間になると、その危険度は格段に増します。
ドライバーの目に留まるように、
暗い中でも確認できる白や黄色の服を身につける、
あるいは蛍光シールを貼った鞄や帽子を身につけるなどの
工夫をするようにしてください。
子どもの行動は感情によって大きく左右されるため
予測が難しいものです。
ついつい周りの興味あるものに目がいってしまうのです。
ドライバーである大人が
急に飛び出してくるかもしれない、
信号を見ていないかもしれないなど
常に様々な場面を想定しながら運転するようにしましょう。


『子育てでイライラする人、しない人』その最大の違いとは・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


子供の安全』の関連記事