子供服に新素材を!

子供服に新素材を!

1分

子供服に新素材を!

ベビー服や子供服に用いられている素材の主流は
やはり「天然素材」であり、
綿100%の服が最も多いようです。
天然素材でもウールなどは値段が高いため
あまり普及しておらず、
またあまりにも安いものは
肌触りが良くないため敬遠されています。
その他に用いられているのは
ナイロン、ポリエステル、アクリルといった化学繊維ですが、
フリースや防寒着以外はあまり使われていません。
婦人服や紳士服に比べ、
ベビー服や子供服の素材は
あまり新しいものが投入されていないのが現状です。
しかし最近、子供服にも新素材が取り入れられるようになりました。
保湿性、抗菌性のあるものや
マイナスイオン効果があるもの、
また紫外線をカットするものなど
その性質は様々です。
まだその効果がどれほどのものか
はっきりと解明されてはいませんが、
これらの新素材が開発されることは
子供服業界にとって、とても良いことだと思います。
もちろん従来から用いられている綿素材にも
優れた性質がありますが、
消費者にとって選択肢が広がるというのは
ありがたいことです。
ベビー服や子供服には
大人服以上に安全性や吸汗性などが求められます。
今後ますます新素材の開発が進むことを
期待せずにはいられません。


『子育てでイライラする人、しない人』その最大の違いとは・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


子育て 環境』の関連記事