自宅分娩

自宅分娩

1分

自宅分娩

「自然な形で分娩したい」、「新しい生命の誕生を夫婦、家族で迎えたい」といった理由で自宅出産をする人が増えています。自宅出産を選ぶ人は経産婦の場合、以前病院で自分の意思にそぐわない処置をされたなど病院や医師に対して不信感を述べています。
病院側としては安全性に問題があると指摘をしています。
母子ともに細菌感染の恐れがあるからです。それでもあえて自宅で出産をする人は年々増加しています。
自宅出産は昔から行われていた方法で、主に自宅に助産婦にきてもらいます。
大前提として、妊娠経過に問題がないことが必須条件です。
また、分娩が正常であっても突然母子ともに異常に変わることがあることを忘れてはいけません。助産婦は医療行為ができないため、何かあった場合は急いで病院に運ぶ必要があります。
それから分娩のために必要な場所、道具などすべて自分で用意をしなくてはなりません。


『子育てでイライラする人、しない人』その最大の違いとは・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


妊娠・出産』の関連記事