無痛分娩

無痛分娩

1分

無痛分娩

医学的に神通時の痛みや不安などのストレスはお腹の赤ちゃんへの酸素供給を妨げるという研究結果があります。無痛分娩はその痛みやストレスを取り除くことです。
具体時には陣痛を感じはじめたときから、または赤ちゃんが産道を通る直前になど、麻酔をかけて痛みを感じなくする方法です。
全身麻酔もありますが、主に局部麻酔が使用されます。
そのため意識もはっきりしており、自分でいきむことができるので痛みを減らすこと意外、通常のお産とは変わりありません。出産後もすぐに赤ちゃんを抱くことが出来ます。
胎児や新生児への影響は心配ありません。日本では無痛分娩を行う病院等はあまり多くないのですが、アメリカ、ヨーロッパを始め世界中で行われています。
病院にもよりますが、十分な分娩の監視体制が必要になるので、計画分娩という形が多いようです。ですから、急に痛みに耐えられないからと「無痛分娩がしたい」と言い出したり、夜間指定の無痛分娩というのは対応していない病院は多いでしょう。


『子育てがスーッと楽になる!3つのヒント』
今日から子育てのイライラが半分になる方法を公開中。


妊娠・出産』の関連記事