LDR

LDR

40秒

LDR

アメリカでは主流となっている分娩のことです。
L=Labor(陣痛)、D=Delivery(分娩)、R=Recover(回復室)の頭文字をとったものです。
今までは医療側中心で妊婦はそれぞれ別々の部屋で陣痛、分娩、回復としていました。陣痛室で一人で子宮口が開くまで苦痛に耐え、その痛みの中歩いて分娩台に上らされ、分娩後も回復室に移動したのですが、このシステムだと一つの部屋ですべて行なえます。個室なのでご主人やご家族と過ごせます。
ベッドが操作できるもので、分娩台に変わります。妊婦様はそのままで良いのです。分娩が終わったらそのまま分娩台を操作して回復用のベッドに早変わりします。
病院や産院によっては、分娩監視装置などの最新の医療機器が設置されているので安全面でも安心です。


『子育てでイライラする人、しない人』その最大の違いとは・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


妊娠・出産』の関連記事