子どもの発熱

子どもの発熱

2分

子どもの発熱

子どもの体温は大人に比べて0.5~0.6℃ほど高く、36.5~37.5℃が普通です。
また午前中は低め、午後になると高くなるという特徴があります。
ですから、体温が37℃を超えていても必ずしも発熱であるとは限りません。
子どもは環境温度に影響されやすく、
夏の午後などは37.5℃を超えることもめずらしくありません。
では、発熱の症状との違いをどう見分けたらよいのでしょうか。
体温が37.5℃を超えており、ぐずっていたりあまりにも元気がない場合は
小児科に行って医師の診断を受けてください。
体温が37.5℃以上ある場合でも、笑顔が見られ、水分もきっちり取れているようなら
緊急の措置を行う必要はないと考えられます。
高い体温に加え、ぐったりしている、呼吸が粗い、痙攣を起こす等の状態が見られたら、
重病の可能性があるので即座に病院に行きましょう。
赤ちゃんは重病の症状を見分けるのが難しく、
普段と違う点を認識できない保護者が多いので注意が必要です。
子どもの発熱の症状を認識したら、
飲みが悪くなるなどの症状を誘発する可能性があるので
氷枕や水枕などを用いる、解熱剤を投与するなどを行ってください。
本人に苦痛がないようなら無理に解熱させる必要はありません。
もし解熱剤を飲ませるのであれば、与える薬に注意してください。
最近、インフルエンザ脳症の死亡率と解熱剤の関係が問題にされています。
アセトアミノフェン(アンヒバ、アルピニーという商品名の坐薬)は
安全であると言われていますので、薬をもらうとき確認するといいでしょう。
初めての発熱や生後半年以内の発熱は、医師に診てもらう必要があります。
髄膜炎や脳炎などで高熱があるときは、脳に障害が出る場合もあります。
また、中耳炎や尿路感染などでも熱が出ることがあります。
熱が出たから風邪だと安易に判断せず、小児科の判断をあおぎましょう。


『子育てのイライラ』を消し去る方法・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てのイライラで自滅しない方法。


健康』の関連記事