子どもの心の健康

子どもの心の健康

2分

子どもの心の健康

大人は自分が子ども時代を経験していることから
子どものことを全て知っている分かっていると、つい思い込んでしまいがちです。
しかし、子どもは常に発達しており大人の縮図ではありません。

 

子どもの心を理解するには

子どもの心を理解するためには、子どもは常に発達しているのだということ、
そして子どもには自分の問題を解決する力が備わっているということを認識しなければなりません。

 

 

子どもの心が健全に育つためには

子どもの心が健康に育つために必要なのは
生きる喜びを感じ、安心感を抱ける環境です。

 

そのためには、家庭と子どもの関係が良好であることが必須です。
もちろん家族だけでなく、学校や地域などあらゆる人々の協力が必要となります。

 

子どもの心の成長を左右するもの

子どもの心は、母親または養育者の関係に大きく左右されます。
彼らには子どもを引き受ける安定感や安心感が求められます。

 

そしてそのためには父親の存在が大きく関係するのです。
父親は子どもにとって尊敬の対象であり、良い意味で権威を持っていることが理想です。

 

家族関係と役割

子どもの心が健康であるためには、母親との関係、父親の役割、夫婦関係が
良好であることが重要なポイントとなります。
また、家庭や周囲の社会環境も大きく関わってきます。

 

子どもを取り囲む環境が健全であること、
親の養育力、そしてそれを支える家族の協力が
「子どもの心」を成長させ向上させるのに必要なことなのです。

 

心の健康の大切さ

子どもの心が健康に育つことは、
今を生きる全ての人の健康、さらには未来への希望へとつながっていきます。

 

親や教師は、つい目に見えるもの、数値化されたものである「学校の成績」「テストの点数」ばかりに目が行ってしまいがちです。

しかし、本当に大切な心の健康というのは、数字にもできないし、なかなか目には見えないものです。

 

子どもが幸せに生きるための基盤作りや、育児に対する支援、
心の健康が不十分な子どもへの支援のあり方を、今一度見直す必要があるのではないでしょうか。


『本当は子供を怒りたくない、でもどうしても怒ってしまう、という時に必要なことは・・・』
子育てで感情をコントロールするために必要な3つのヒントを期間限定で公開中。


健康』の関連記事