幼児肥満を防ぐには

幼児肥満を防ぐには

1分

幼児肥満を防ぐには

幼児肥満を防ぐためには
まず体重の管理をしっかりすることです。
子どもの肥満を評価するのは大人よりも難しいものです。
なぜなら、子どもの標準体重は
身長や年齢などによって変わってしまうので、
はっきりした肥満のラインを引くことができないからです。
逆に言えば、太っていると感じても
無理に体重を減らそうとしなくてもいいということです。
現時点の身長で少し肥満気味であったとしても
背が伸びればそれは標準体重に近くなります。
気をつけることは
食べる量を少し減らして、一日3食しっかり食べること。
またお菓子類、清涼飲料水などの飲食は控えることです。
そして、無理のない運動をすること。
家庭でお手伝いをするといった程度でよいでしょう。
以上のことを実践していけば
肥満の程度を改善することができるはずです。
無理に食べることを制限してしまうと
子どもにとって大変なストレスとなってしまいます。
基本的な欲求である食欲を抑えるのではなく、
小さなことからゆっくりやっていくようにしましょう。


『子育てのイライラ』を消し去る方法・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てのイライラで自滅しない方法。


健康』の関連記事