子供の習い事~子供の習い事のきっかけと理由~

子供の習い事~子供の習い事のきっかけと理由~

2分

子供の習い事~子供の習い事のきっかけと理由~

なぜ子供習い事をさせるのか・・・。その理由はご家庭の方針によってそれぞれ違っていると思います。
経験をさせたい、受験に備えて、教養を身につけさせたい・・・。
親がしっかりとした目的を持っていないと、子供から同じ質問をされた時に、
子供が習い事で納得できる答えを出すことはできません。

習い事1

 

時期~何歳から習わせるか~

子供がいつから(何歳から)習い事を始めるのか、ということも家庭方針で決まってくることです。
小学校までは必要がないという考えもあれば、0歳から必要だという考えもあるでしょう。

バイオリンなどであれば3歳から習わせた方が良いといわれていますが、他の幼児教育であればそんなに早くから習わせなくても良いという説もあり、また教室の先生によってもその点は違ってくると思います。

いずれにしても、早く習わせすぎて、子供が期待した通りの結果を出せなかったりして、親も子供も習い事がストレスになってしまっては本末転倒です。

 

教室選び ~どこで習わせるか~

どこで習うのかも、重要かつ難しいポイントになります。
近くの個人経営教室は人数も少なく、個人の能力に応じた対応をしてくれますが、受験対策としては情報が少ないという面も。

 

また大手ですと先生の数も多く、総合的に情報が豊富です。
しかし料金が高めで、画一的な授業になりがちです。

 

小さい子供の習い事の場合、遠方ですと行き帰りだけで疲れてしまいます。
ブランドよりも内容や実績を重視し、できるだけ近い教室を選ぶことがベストといえます。

習い事2

何よりも大切なのは、夫婦の考えを一致させること。
お母さんの独りよがりで決めてしまうと、お父さんの協力を得ることはできません。
子供の習い事をはじめ、教育に関することは夫婦2人で協力しあうことが望ましいと言えます。

 

 

 


『子育てでイライラする人、しない人』その最大の違いとは・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


学習・教育』の関連記事