分娩法~出産日と痛みの選択~

分娩法~出産日と痛みの選択~

1分

分娩法~出産日と痛みの選択~

出産の際、自然に陣痛が起こるのを待つ自然分娩と、
陣痛促進剤を使用して分娩を誘発する計画分娩があります。
上の子の面倒を見てもらわなければならない場合など、
出産の日程をあらかじめ組む必要があるならば、
計画分娩の方が安心してその日を迎えることができます。
自然分娩の場合は、いつ起こるかわからない陣痛に、
ヤキモキしながら待つ必要がありますが、
それが楽しみでもあります。
痛みに関する分娩法の種類は、硬膜外麻酔を使用して痛みを取り、
痛みを感じない状態で出産をする無痛分娩法と、
呼吸法などを用いてリラックスをすることによって、
痛みを和らげながら出産をする和痛分娩法の2つに分けることができます。
逆子や骨盤が小さいなど経膣分娩ができない場合、
陣痛中や分娩中に母子共に危険な状態になった場合、
医師の診断により帝王切開での出産となります。


『子育てのイライラ』を消し去る方法・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てのイライラで自滅しない方法。


妊娠・出産』の関連記事