しつけ、どうしたらいい?

しつけ、どうしたらいい?

1分

しつけ、どうしたらいい?

「しつけ」とは、子どもに何かを仕込むことではありません。
子どもの自主性を育てること。
人間として必要な道徳を教えること。
そのために必要なアドバイスをして助けてあげること。
これが「しつけ」です。
ただ単に叱りつけるのがしつけではありません。
身の回りのしつけは「叱る」より「待つ」ことが大事です。
叱るのではなく、ほめながらできるまでゆっくり待ちましょう。
子どもがいたずらをしてしまったら
怒鳴ったりせず「困った」気持ちを伝えましょう。
少し大目に見て、次への防止策をとるのです。
言葉でとめられないと感じたときは
抱きとめる、手を握るなどのコミュニケーションをとりながら
制止してあげましょう。
子どもを叱った後は、
気まずい雰囲気のままでいないで
いつもの優しいお母さんに戻りましょう。
優しくフォローして子どもを安心させてください。
またできないことを要求したり、
他の子どもと比較してはいけません。
子どもの発達には大きな個人差があるため、
比較しても何の意味もありません。
また「しつけ」というと
子どもに必要以上のことを求めてしまいがちですが、
無理をさせるようなことはいけません。
子どもの心と体が準備できているかしっかり見ましょう。
ただし危険なことや道徳的なことは
早くから教えてあげることが必要です。
しつけをあまり難しく考えるのは
お母さんにとってもあまりよくありません。
基本的なことが分かったら
「後はなんとかなる」という気楽さを持って
子どものしつけにあたりましょう。


『子育てがスーッと楽になる!3つのヒント』
今日から子育てのイライラが半分になる方法を公開中。


子供 しつけ』の関連記事