ひな祭りのこと知ってる?

ひな祭りのこと知ってる?

2分

ひな祭りのこと知ってる?

ひな祭りは女の子の健やかな成長を祈る行事です。
今回はその由来やお祝いの仕方についてお話しましょう。
ひな祭りの起源は、平安時代にまでさかのぼります。
日本には五つの節句がありました。
○人日・・・一月七日「七草粥」
○上巳・・・三月三日「桃の節句」
○端午・・・五月五日「端午の節句」
○七夕・・・七月七日「七夕祭り」
○重陽・・・九月九日「菊の節句」
「菊の節句」は現在は行われていませんが、
それ以外はみなさんもご存知ですよね。
これらの節句には、「季節の節目に身の汚れを祓う」
という意味合いがこめられていました。
さて、見て分かるように「上巳の節句」が
現在のひな祭り(桃の節句)になっています。
平安時代において、上巳の節句では薬草で身体の汚れを祓って
健康や厄除けを祈願していたのだそうです。
この「節句の行事」と「人形遊び」が結びついて、
全国で飾られるようになったのがひな祭りの由来とされています。
一生の災厄をこの人形に身代りさせるということで、
女性の嫁入り道具の重要な家財となったのです。
では、実際にひな祭りのお祝いは
どのようなことをしたらよいのでしょうか。
ひな祭りは赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを願う行事です。
その思いがあれば、特に形にこだわる必要はないと思います。
家族で食事をしながら、赤ちゃんの将来を皆で祈願すればよいのです。
しかし、お雛様だけはちゃんと飾ってあげたいですね。
お雛様は赤ちゃんの代わりに災厄を引き受けてくれる、
守り神のようなものですから。
もちろん豪華な七段飾りである必要はなく、
手作りのお雛様というのもいいのではないでしょうか。
お雛様を出すのは「雨水」の頃がよいとされています。
「雨水」とは、雪が雨に変わり、氷が水になる頃を指します。
春の訪れを感じたら、お雛様を飾る準備をしましょう。
お雛様を飾ったら、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物を食べながら
家族皆で子どもの明るい将来を願いましょう。


『子育てがスーッと楽になる!3つのヒント』
今日から子育てのイライラが半分になる方法を公開中。


家族』の関連記事