端午の節句

端午の節句

1分

端午の節句

端午の節句の由来、ご存知ですか?
子どもに
「なんで鯉のぼりを飾るの?」
「どうして兜なの?」
なんて聞かれたときに答えられますか?
ご存じない方のために、
簡単に端午の節句の由来について説明しましょう。
端午の「午」は5月にあたり
「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、
本来「端午」は5月の最初の午の日のことだったのです。
後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、
5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったそうです。
この日を端午とする風習は、古代中国で始まったと言われています。
中国では、邪気を払い健康を祈願する日とされていたそうです。
蘭の湯につかり、菖蒲酒を飲み、菖蒲で身体の汚れを祓う風習がありました。
日本には、男性が外に出て、女性だけが家の中に閉じこもり、
田植えの前に穢れを祓い、身を清める「五月忌み」という儀式がありました。
これが中国から伝わった端午と結び付けられ、
はじめ端午は女性の節句として行われていたのです。
しかし、鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武(武士を尊ぶ)」と同じ読みであり、
また菖蒲の葉が剣の形を連想させることなどから、
端午は男の子の節句とされ、
男の子の成長を祝い健康を祈るよう行事になったのです。
端午の節句では、鎧や兜、武者人形や五月人形などを室内に飾り、
庭前に鯉のぼりを立てるのが、典型的な祝い方です。
鎧兜には男子の身体を守るという意味が込められています。
鯉のぼりは男子の立身出世の祈願として飾られます。
このようなことから、端午の節句は
男の子の厄除けと健康祈願、また成長を願うお祝いとして
行われるようになったのです。
鯉のぼりや鎧兜には、災厄や魔物から子どもを守ってくれる
守り神の役割があったのですね。


全国のトップ3%の子育てママのが密かに活用している『感情をコントロールする方法』
感情をコントロールできるようになることで、子育てが楽しくなる3つの理由。


家族』の関連記事