出産準備 ~出産準備と病院選び~

出産準備 ~出産準備と病院選び~

1分

出産準備 ~出産準備と病院選び~

出産準備 ~出産準備と病院選び~
出産をすることができるのは、ベッド数100床以上の大学病院や総合病院などの大病院。
そして床数20床以上の個人病院と19床以下の個人産院を総称した産婦人科個人病院。
床数9床以下の助産院の3つに分けることができます。
それぞれの病院で、検診費用もかなり異なります。
出産の日を迎えるまでには、各種費用がかかってきます。
初診は約1万円、定期検診代は3~6千円。
分娩費用は35万~45万円が一般的です。
国公立病院の方が低額、助産院は更に安くなります。
また個室割増や分娩時が夜間・休日になると割増料金が必要な所も。
そして家からの距離も出産準備や病院選びの重要なポイントです。
近い病院の方が妊婦への体の負担も少ないです。
産後の検診・赤ちゃんの定期検診が同じ病院で行えるか、ということも考慮すべき点です。
病院の情報を収集することも忘れずに。
実際に出産した人に医師や看護士のこと、病院の雰囲気、費用、アフターケアなど、
出産準備や病院選びをする際はできるだけ多くの人に多くのことを聞きましょう。


『子育てでイライラする人、しない人』その最大の違いとは・・・
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


健康』の関連記事