遺伝について

自閉症の遺伝については、遺伝子に何らかの関係がありそうだという

仮定の域を出ていません。

 

そもそも、自閉症の原因については研究途上で、詳しいことがわかっておらず、

・妊娠中や出産時のトラブルが影響を与えた

・遺伝子の情報に何らかの異常が起きた

の2点に関して研究が進められています。

 

一卵性双生児の場合、一人が自閉症でもう一人も自閉症である確率は

40~98%とかなり高くなりますが、二卵性双生児やきょうだいの場合は、

5~10%程度にすぎません。

 

親子の場合、自閉症の親から自閉症の子供が生まれる確率は、かなり高いことが

わかってきたことから、「親子ともに自閉症の人が多い」とされている場合が

少なくありません。

 

しかし、現状では裏付けとなる確かな科学的証拠やデータの収集が不十分なため、

遺伝を断定するのは早計との見方が一般的です。

 

また、高血圧や糖尿病のように遺伝的要素がある疾患と同じように、

自閉症にも発症しやすい体質があるととらえる考えもあります。

 

親が高血圧や糖尿病だからといって、子供が必ずしも同じ病気になるとは言えないものの、

そうでない人と比べて発症しやすい体質を受け継いでいるとの認識は周知の事実です。

 

自閉症でも同じように、親が自閉症でも必ずしも子供が発症がするわけではないが、

発症の割合は高くなると見られています。

 

自閉症






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008