分娩法~出産場所と形式の選択~

分娩法~出産場所と形式の選択~

1分

分娩法~出産場所と形式の選択~

あらかじめ自分がどのような出産をしたいのかを決めておくと、
病院選びもスムーズに行きます。
LDR
Labor(陣痛)Delivery(出産)Recovery(回復)を
全て一つの部屋でできる分娩法です。
自宅分娩
助産婦さんに自宅に来てもらい、出産をする方法です。
分娩準備のほとんどは、自分でする必要があります。
水中分娩
お風呂に入っているような感覚で出産ができます。
体が温まり、また入浴剤で痛みも緩和されるので、
リラックスした状態で出産ができます。
病院によっては、一般的に行われているラマーズ法以外の形式が選べる所もあります。
ソフロロジー
ヨガをベースとしたイメージトレーニングによる分娩法です。
アクティババース
陣痛から分娩まで、自分に合ったリズムで出産に臨みます。
特に決まった姿勢はなく、「主役は自分」というアクティブな意識により、
好きな姿勢でできる出産です。
座位分娩法
分娩台は自由な姿勢が取れるよう工夫されており、座った状態で出産を行います。


『子育てがスーッと楽になる!3つのヒント』で感情をコントロールできるママに!
感情コントロールの苦手なママの3つの共通点とは・・・


妊娠・出産』の関連記事