冬の風邪と夏の風邪

冬の風邪と夏の風邪

1分

冬の風邪と夏の風邪

ウィルスには夏と冬とでは気温や湿度が違うので異なる種類のものがあります。
冬の風邪の代表的なウィルスはインフルエンザウイルス、コロナウイルス、ライノウイルスです。
これらのウィルスは低温で乾燥した場所を好み、飛沫感染によって広がるという特徴があります。特にインフルエンザウィルスは強い感染力であっという間に広がります。主な症状は鼻水、鼻づまりや咳、痰、のどの痛み、そして発熱を伴います。インフルエンザの場合38℃以上の高熱がブル場合が多いです。
一方夏風邪の代表的なウィルスはアデノウイルス、エンテロウイルスなどです。
ウィルスの特徴は、高温で湿度の高い場所を好むこと、経口感染すること、腸で増殖することなどがあげられます。
主な症状は、発熱、のどの痛み、胃炎や下痢、目の充血・目やに、発疹などです。
アデノウィルスにかかると発熱とのどの痛み、そして激しい咳が出るのが特徴です。
咽頭結膜炎や咽頭炎を起こす場合もあります。
特に乳幼児の場合、激しい咳の発作がでる百日咳ではないかと思うほどひどい咳が続く場合があります。
エンテロウイルスはのどだけでなく、腸の中でも繁殖するので、発熱やのどの痛みに加えて、下痢や腹痛など腸の症状を訴えます。


『子育てで老け込む人』の共通点
すでに14,657名のママが購読。子育てでイライラする人の「ある共通点」とは・・・


健康』の関連記事